ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総合政策課 > 特別定額給付金について

特別定額給付金について

特別定額給付金の概要について

給付対象者

  • 基準日(令和2年4月27日)において住民基本台帳に記録されている者
  • 基準日以前に住民票を削除されていた者で、基準日において日本国内で生活していたが、いずれの市区町村の住民基本台帳にも記録されておらず、かつ、基準日の翌日以後初めて市区町村の住民基本台帳に記録されることとなった者を含む。
  • 基準日において、配偶者から暴力を理由に避難し、配偶者と生計を別にしている者及びその同伴者であって、基準日において居住している市区町村にその住民票を移していない者については、一定の要件を満たし、その旨を申し出た場合には、この市区町村において給付対象とする。
  • 外国人のうち、短期滞在者及び不法滞在者は住民基本台帳に記録されていないため、対象とならない。

受給権者

 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

給付額

 世帯構成員1人につき10万円として算出される額

申請手続について

申請様式

 準備が整い次第、申請様式、返信用封筒などを同封して、郵送を開始します。
 

給付金の申請方法

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、原則として「郵送での申請」か「オンラインでの申請」のいずれかで、1回のみの申請をお願いします。
 なお、オンライン申請は、世帯主がマイナンバーカードを所有していて、かつ、マイナンバーカード読取対応のスマートフォンまたは、パソコンとカードリーダーを持っている場合に申請することが可能可能となっております。
※スマートフォンは、iPhone7以上、Androidは多くの端末で対応。

郵送申請の方法

  1. 高原町から世帯主の自宅に郵送される申請書等を受け取る
  2. 申請書に氏名・押印・振込口座情報等を記入し、添付書類を貼り付けて、同封される返信用封筒に入れて高原町役場へ返送してください。

 ※申請に必要な添付書類は、(1)と(2)の2つあります((1)本人確認書類:健康保険証の裏表面のコピー、運転免許証の裏表面のコピー、マイナンバーカードの表面のコピーのいずれか1つが必要 (2)振込口座確認書類:振込口座が確認できる書類のコピー(キャッシュカードのコピー、通帳のコピー、インターネットバンキングの画面の写しのいずれか1つが必要)。

必要添付書類

  • マイナンバーカードや運転免許証等のコピーの本人が確認できる書類
  • 通帳もしくは、キャッシュカードのコピーもしくは、インターネットバンキングの画面の写しの振込先口座の金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる書類

オンライン申請の方法(5月1日から申請可能)

  1. 振込先として指定する口座の通帳の「金融機関名」、「口座番号」、「口座名義」の口座情報が分かる部分やキャッシュカード全体の写真を撮影し、申請する端末に保存する(申請内容に、間違いがないか確認するために必要となります。)。
  2. マイナポータルアプリを検索し、ダウンロード(アプリを探す場合は、「マイナポータル」と検索してください)する。
  3. マイナポータルのサイトを検索し、カードリーダーでカードを読み込み、4桁の暗証番号を入力し、ログインする。
  4. 申請フォームに世帯主、世帯員、振込口座の情報を入力し、撮影した口座情報の写真をアップロードする。
  5. 署名用電子証明書利用のための暗証番号(※マイナンバーカードを取得した際、自身で設定した英数字を含む6桁以上16桁以内の暗証番号)を入力し、送信する。

(※スマートフォンは、iPhone7以上、Androidは多くの端末で対応。スマートフォンの場合、カードの位置によっては、読み込みができない場合もあるため、様々な角度でお試しください)
※オンライン申請は、5月1日から申請できます。サイトが込み合う場合がございます。
※マイナンバーカードを紛失された方は、再発行手続きには1ヶ月程度の期間を要します。
 

給付開始の見通し

オンライン申請をされる方の給付開始日は、5月中旬を予定しています。
郵送での申請をされる方の給付開始日は、5月下旬を予定しています。
※給付は、オンライン申請の場合は、データが到着した順、郵送で申請される場合は、申請書が到着した順で処理をすることになります。

 

外部リンク

マイナポータル<外部リンク>

総務省ホームページ<外部リンク>