ホーム > 行政情報 > 高病原性鳥インフルエンザに注意しましょう

高病原性鳥インフルエンザに注意しましょう

高病原生鳥インフルエンザは平成16年に79年ぶりに日本で発生しましたが、その後も世界各国で発生し、 大きな被害をもたらしています。 この病気は、強毒で死亡率の高いタイプと弱毒のタイプがあり、特に鶏(ウコッケイ、チャボを含む)、アヒル、七面鳥、うずら等が 感染します。

鳥を飼っている人は次のことに注意してください。

  • 野鳥またはその糞が飼育舎に入らないようにすること。
  • 飼育舎などの糞尿は速やかに処理し、清潔にすること。
  • 鳥の世話をしたら、必ず手を洗い、うがいをすること。
  • 鳥の異常や大量死を発見した場合は、ただちに農政畜産課畜産係(電話42-2111)か、都城家畜保健衛生所(電話0986-62-5151)に ご連絡ください。
お問い合わせ先
農政畜産課 畜産係
電話番号 : 0984-42-2111(内線225/226)
メールアドレス : nouchiku@town.takaharu.lg.jp