ホーム > 暮らす > 介護 > 介護予防・日常生活支援総合事業について

介護予防・日常生活支援総合事業について

 高原町では、平成29年4月1日より、介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました。
 超高齢化社会が進むにつれて、ひとり暮らしや高齢者のみの世帯、認知症の高齢者が増加していくことが予測されます。誰もが避けられない「加齢」、高齢者になっても、皆さんが住み慣れた地域で生活を継続していけるように、元気なうちから地域全体で高齢者を支えるとともに、自分自身の持つ力を生かして、介護が必要とならないよう、予防することが大切です。