ホーム > 暮らす > 年金 > 障害基礎年金について

障害基礎年金について

国民年金加入中に初診日がある病気やケガで障害者になったときや、事故や疾病等で障害者になったとき支給されます。

障害基礎年金を受けるには

  1. 初診日において、国民年金に加入している人、または国民年金に加入していた60歳以上65歳未満で日本国内に住所のある人。
  2. 初診日から1年6か月を経過した日、または症状が固定した日において、障害の程度が国民年金法施行令で定める1級または2級に該当する人。

※ただし、初診日の属する月の前々月までの加入期間のうち、保険料納付済期間と免除期間を合算して3分の2以上あることが必要です。(初診日が平成28年3月31日以前にあるときは、初診日の属する月の前々月までの1年間に保険料の未納期間がなければよいことになっています。)

なお、20歳前に障害の程度が1級または2級の状態にあれば、20歳から支給されます。
ただし、本人の所得制限があります。

お問い合わせ先
町民福祉課 福祉係
電話番号 :0984-42-2111(内線153-155)
メールアドレス : cyoumin@town.takaharu.lg.jp