ホーム > 暮らす > 国保・後期高齢 >  高齢受給者の高額療養費の支給について

高齢受給者の高額療養費の支給について

ひと月の医療費が高額になったときは、限度額を超えた分が払戻しされます。
また、申請には領収書・印かん・保険証・高齢受給者証・口座番号のわかるものが必要です。

自己負担限度額(月額)

  外来の限度額
(個人単位で計算)
外来+入院の限度額※1
(世帯単位で計算)※2
一定以上所得者 44,400円 医療費が267,000円を超えた場合
 80,100円+(かかった医療費-267,000円)×1% 【44,400円】※3
一般 12,000円 44,400円
低所得者2 8,000円 24,600円 ※4
低所得者1 15,000円 ※5

※1 入院の場合、医療機関での患者負担は限度額までとなります。

※2 同一世帯に属する高齢受給者の患者負担を合算します。

※3 【 】内の数字44,400円は、年4回以上高額療養費を受けた場合の4回目以降の患者負担限度額です。

※4 「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。印かん・保険証・高齢受給者証を持参のうえ役場町民福祉課に申請してください。

※5 差額ベッド料など保険診療の対象とならないものや、入院時の食事代の標準負担額は別途請求されます。

お問い合わせ先
町民福祉課 保険係
電話番号 :0984-42-1067(内線161/162/163/164)
メールアドレス : cyoumin@town.takaharu.lg.jp