ホーム > 暮らす > 福祉・子育て > 寡婦医療費助成制度について

寡婦医療費助成制度について

助成の対象

次の全てに該当すること。

  • 高原町内に住所があること
  • 離婚や死別等により、配偶者のない女子または男子であること
  • 70歳未満のひとり暮らしで国民健康保険法による被保険者であり、かつ被保険者欄に他の被保険者の記載がない被保険者証の交付を受けていること
  • 生活保護法、精神保健法、結核予防法、その他の法令による医療費の全額給付を受けていないこと
  • 市町村民税が非課税であること

資格証の発行

助成を受けようとする人は、町民福祉課福祉係にて受給資格証の申請を行ってください。

※交付申請時には対象者の印かん、郵便局以外の通帳、保険証等が必要となります。

対象となる医療費

窓口で支払う入院費の一部負担額(保険給付の対象となる入院診療分)を助成します。

※外来診療代、そのほか食事代、容器代、健診料、第三者行為等は助成対象外です。

助成の方法

ひと月の間に医療機関等に支払った入院費の一部負担額を町に申請することにより、その一部負担額から4,000円を控除した額が支払われます。

※申請の用紙は町民福祉課福祉係にあります。申請は診療を受けた日より起算して1年間です。

注意事項

国または地方公共団体の負担による付加給付等があるときは、その額を控除した額を償還払します。

お問い合わせ先
町民福祉課 福祉係
電話番号 :0984-42-1067(内線153-156)
メールアドレス : fukushi@town.takaharu.lg.jp