ホーム > くらしの出来事 > 出産/子育て > 母子・父子家庭医療費助成制度について

ホーム > 暮らす > 福祉・子育て > 母子・父子家庭医療費助成制度について

母子・父子家庭医療費助成制度について

母子家庭及び父子家庭の健康増進と福祉の向上を図ることを目的に、医療費の一部が助成されます。

助成の対象

  • 母親及び父親・・・20歳未満の者を扶養している配偶者のない者(父母のない児童を養育する者を含む)
  • 児童・・・18歳に到達した日が属する年度の年度末までの者 または、20歳未満で心身に障がいがある者

※生活保護、その他の法令等により医療費の全額給付を受けられる人を除きます。
※所得制限があります。

資格証の発行

助成を受けようとする方は、町民福祉課福祉係にて受給資格証の交付申請を行ってください。

※交付申請時には、印鑑、通帳(母親及び父親のもの)、助成対象者得全員の保険証等が必要となります。

対象となる医療費

窓口で支払う保険診療の一部負担額(保険給付の対象となる診療分〔歯科、調剤薬局含む〕)を助成します。

※保険外診療分(入院時食事負担金、容器代、診断書料、検診料等)は助成の対象外です。

助成の方法

〔外来〕
ひと月の間に医療機関等に支払った一部負担額を町に申請することにより、その一部負担額から1,000円を控除した額が支払われます。

※申請の用紙は町民福祉課福祉係にあります。申請期間は診療月の翌月から起算して1年以内です。

〔入院〕
医療機関等に資格証を提示することにより、一部負担額から1,000円を控除した額を助成します。

注意事項

医療保険各法による付加給付及び高額療養費があるときは、その額を控除した額を助成します。

お問い合わせ先
町民福祉課 福祉係
電話番号 :0984-42-1067(内線153/154/155/156)
メールアドレス : fukushi@town.takaharu.lg.jp