ホーム > 暮らす > 住宅 > 住宅改造費助成事業(障害者・高齢者)について

住宅改造費助成事業(障害者・高齢者)について

 障害者・高齢者住宅改造等助成事業

心身に障害を持つ人のいる世帯及び要援護者のいる世帯に対して、その住宅を当該者の居住に適するように改造するために要する費用を助成します。ただし、申請前・決定通知前の工事につきましては、助成の対象になりませんので、ご注意ください。

対象者

  1. 身体障害者手帳の交付を受けている方のうち
    ・下肢、体幹、視覚障害者で1〜3級の方
    ・上肢障害者で1〜2級の方
    ・脳病変による運動機能障害者で1〜3級の方
    ・内部障害で1〜3級の方
  2. 満65歳以上で介護認定が要支援または要介護区分状態である方
  3. 宮崎県療育手帳制度実施要綱の規定により、療育手帳Aの交付を受けている方
  4. 生計の中心となる方の前年の所得税課税年額が70,000円以下であること

助成対象

既存の、居室・浴室・玄関・階段・洗面所・廊下・台所・便所、その他特に必要と認める住宅の設備・構造等

※新築、改築及び増築は助成の対象になりません。

補助限度額

 1. 介護保険住宅改修:限度額20万円(1割自己負担)、20万円に達するまで何度でも利用可
 2. 障害者・高齢者住宅改造:限度額20万円(自己負担あり)、原則として1回のみ

※介護保険の住宅改修が優先になります。また、所得税課税年額により自己負担があり、障害内容によっても変わります。

お問い合わせ先
町民福祉課 福祉係
電話番号 :0984-42-1067(内線153/154/155/156)
メールアドレス : cyoumin@town.takaharu.lg.jp